« July 2005 | Main | September 2005 »

Rock Hard〜強く揺り動かせ

テルの、竜太の、ゆうたろうのゴールがべスパを揺るがす。

正真正銘、ホームでのひさびさの勝利。

冷たい夢にうなされ足もとを見つめる日々から、

ようやく抜け出したモンテディオイレブン。

"Hell freezes over."

もうまよわずに、高みに向かって突き進もう。

「モンテディオ山形のテーマ rock_hard version」をダウンロード

次節、東北クラシコ。四角いジャングルをもっと強く揺り動かせ。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

まぼろしの草津戦

関越道、事故渋滞。練馬から前橋までまるまる4時間ってどういうことだよ。自宅出発から起算すれば5時間半かかってら。

東松山インターの先でトレーラーが横転しているらしく全面通行止めがなかなか解除されないまま、みすみす1時間以上渋滞にはまったソラミミ号。
自分を含む東京組のタイコ2名が同乗。キックオフ時点では東松山から下りる直前くらい。
山形からの遠征組はタンボリン程度しか持ち合わせず、結局スルド類なしでの応援となる。

前橋の競技場についたのはなんと試合終了10分前。
最後の最後の攻勢を祈ってひたすらタイコをたたくも無得点ドロー。
終わった瞬間、腰が抜けそうになり立っているのがやっとだった。

試合の印象、ひとことでいえばまぼろし。仕掛ける山形、守る草津。ホイッスル。ゴール裏に歩いてくる選手たち。煮え切らない試合内容に怒りをあらわにするサポーター達などなど。
10分間の出来事が、画像としてはくっきり強いコントラストで脳裏にうかぶが、その実、夢でもみている感じで自分の中では現実感がない。

そんな状態だったので事をあらだててもしかたないのだが、試合後ゴール裏にあいさつにきたGMの態度には自分としてもハテナがついた。(UCさんもブログでちょっと書いているけど)
淡々としすぎるというか。「ルーチンとしてサポーター席に足を運んだ」だけなら意味ないですよ。

とか書いているうちにマイナスな気分になってしまったので気持ちを切り替え。

われら不惑ウルトラス、世の雑音に惑わされず、次節以降も声を出し共に闘う!
札幌戦と草津戦で失われたなにかをしっかりとりもどして、次は圧勝を。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いまそこにある危機回避

前回のエントリ。雷神mixなどと軽薄なネタかけてる場合じゃなかったなあ。やや反省。

初代秋雄さんブログで札幌サポブロガー各位の記事をまとめてくれているのを見た。

いまさらながら土曜日のべスパ現地は修羅場だったのだなと。運営マズーだなと。

あの状況はほんとにほんとに特殊状況だったろうけど、べスパに取り残されたアウェイサポの皆さんには申し訳なく思う。札幌のコールリーダー氏がタクシー乗り合わせの段取りなどなど采配をふるってくれたおかげでなんとか帰れたという話もあるようだ。

われわれ東京組がアウェイ遠征にいったときに災害(もしくはいわれなきアウェイサポバッシング)に遭遇したとする。まったく別の意味での闘いがおこってしまったそのときにわれわれはどうすべきか。基本は自己責任だし、状況に応じた関わり度合いはいろいろではあるが。

長年、東京近辺でのサポートを続けているY氏は以前から言っていた。

「地元のバッドなサポ達に囲まれるとかそういうのを含め、試合前にいろんな状況を頭に描いて、対処のイメトレをするんですよ。」

そんな話を聞いて、考え過ぎだよとか、そりゃ大変だなーなどと思っていたけれど、コアサポを自認するものとしては、パニック寸前のサポ群をどうリードするべきかを常にイメージしないといけないのだなあとあらためて思った。

今週の草津戦も雷の本場、群馬での開催。しかも台風まで近付いて来てる。こないだのような極限状態にはならないだろうけど、いろいろ身を護るすべを考えておかないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山神と雷神

きっと天空の雷神が、山神をあと押しすべく強大なエネルギーを送ったのだ。

というわけでソラミミDJがかけるきょうのリミックス曲はこれ↓。またまた再発表ネタで恐縮ですが。


「ohDio!雷神mix」

ひさびさのホーム勝利に期待した札幌戦、スタジアムの照明も落ちたというバッドコンディションの中、べスパ参戦していたサポの方々はお疲れ様でした。

きょうはといえば、前回5月7日と同様に、東京在住サポ宅にて数名集まってのスカパー観戦。
時間になったのでTVつけたら、横殴りの雷雨。スカパーの衛星中継車のアップリンクも切れるは尋常でない雰囲気でした。

J2リーグは44節のうちの半分をすぎたところ。ここでひとつ試合がなくなったことで、カラダを休められるというメリット、モチベーションが高まらないというデメリット、両方あるかもしれない。
次の草津戦までの間、選手たちにはしっかり勝つためのトレーニングに、また励んでほしい。

26日は金曜夜のゲーム。休暇とって、午前中は人間ドック受診。午後から前橋に向かいます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

みどりの窓口で試合のチケットは買えるのか

Vigo出演の件を書こうと思ったんだけど、きょうの昼の出来事に差し替えw

木曜からの下北半島流れ旅のチケットを発券してもらうために都内某所のJRみどりの窓口へ。
えきねっと予約してあったのでJR券自体はすんなり終わった。

ふと思い出したのが、みどりの窓口ではジェフやザスパのホームゲームチケット、天皇杯チケットなどが買えるということ。
3月の開幕戦時にF席売り切れ騒動があり、そのときに「みどり」でゲットという情報があったような、でもうろ覚え。それに今回の対戦分、CNプレイガイドではF席売り切れになってたし、ここで買えるようならラッキー。

窓口の人もマニュアル本見ながらマルス端末と格闘。どうやらF席の「みどり」割り当ては50席らしい。やはり売り切れな予感もしたりして。

端末に打ち込む、カチカチ。ところが画面表示には「F席(ホーム)」としかでてこない。
アウェイ席はやはり売り切れか?良く見ればマニュアルにも、「F席(アウェイ)は取り扱いなし」と書いてある。第3クール以降は、運営上、わざわざ席種を分けてるのか?

これを発券してから現地で困ってもしょうがないと思い、窓口の人にはワビいれて、結局セブンイレブンのチケぴで買った。こちらはアウェイ側まだまだ買え真下。

しっかし、JR東日本エリア全体でF席の割り当て50席はどうよ?穴場過ぎて誰もここでは買わないということかなあ。

ちなみに、9月4日のダービー@仙スタのチケ発売日はこんどの21日。みどりの窓口では売ってませんから、当日は朝10時前にダッシュしてローソンいこう!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

宿敵 福岡との対決を終えて

きょうの夕方、山形から東京へ戻り真下。
VAMO疲れがじんわりと出てきてカラダ重いです。二の腕、足の付け根、足首、背筋etc.
横浜のときのように勝てば全然気にならないのにねえ。

いまさら感がありますが、べスパでの福岡戦について。

山形の選手はがんばった!福岡に決定機をあたえず、またスリッピーなピッチに負けず、闘った。
サッカーをよく知るサポ仲間とは、臼井の得点機をはじめ、サッカー的に美しいプレー満載で良かったという見解で一致。
ゴール前の決定機をもう一回だけでも決めきれていれば、というレバタラな話はやめておこう。

サポーターの声援について。
6月の京都戦以来のホームだったけど、最近言われるようなためいきだらけの雰囲気は感じませんでしたよ。
雨の中とはいえ、今回についてはプレーの質も高く、また後半のいい時間に先制したこともあって、前回のような、しおれた感覚がなく声援を送れたということか。

若いお嬢様方もかなりコアブロックに参加してくれていて感心した次第です。が、近くにいたグループを見る限りでは、VAMOることへの恥ずかしさとか、選手の個人応援(気持ちはわかるが)への熱が高いなと。せっかくコアにいるんだから、もっと声援に力入れていいんじゃないかな、若いんだし、と不惑のおじさんは思いましたとさ。

次の札幌戦@べスパも、スタジアムに熱狂をもたらしましょう。さすがに20日は行けないですけど。。。
あ、いや、18から青森出張だからその足で山形入りすれば行けなくなくなくなくなくないかも。
(とはいえカミさんに相談したら即、却下だろうけど)

長くなり真下。Vigoさんへの出演時のハナシはまた後日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

VigoFMにて

さきほど本番おわりました。以前出演した時よりも緊張しなかったス。
アウェイでサポートしている心のウチなどを話しました。もっといろいろ話したかったけどね。つづきはまたあとで。050812_1448001_s.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

14日まで山形に帰省中

木曜ひるの新幹線で山形に戻ってき真下。あんまりあっづぐないね。

あしたもいまいちの天気のようだが、まあ土曜日には回復するかと。

日差しが強すぎず、風もそこそこあり、な状況で福岡戦を迎えたいですな。

*以下*告知*です*

さて、私ソラミミストは! またまた山形のコミュニティFM「VigoFM」に出ます。

おなじみ山内さんの「キャッチ・ザ・レインボー」12日(きょうだょ)オンエア。

12日の13時台後半に登場予定。時間のある人は聴いてくださいヨロシク。

*VigoFM*78.8MHz*

思うに、スタジオトーク自体は慣れてきたけど、そもそもしゃべり方がヘタだよね、ソラミミストは。

とても大学時代に放送研究会の責任者やってたふうには思えないボソボソ感でテンション低いし。

とか言われないように、スタジアムでのサポートなみに腹式呼吸でハッキリしゃべりろうと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

粘り勝ち

ただいま帰還。
ロスタイムで劇的ゴール!すばらしい結果でしたよ。最後の最後に風はモンテディオに吹いたというわけで。
で、ゴール裏山形サポーターズは気持ち良く帰れたかと言うと、いろいろあった。

まず、試合終了直後、県民歌にいたるまでの盛り上がりの中で、やや時間が経過していたようで、横浜の会場係のオニイさんが早めの撤収退場を呼びかけにきたのに対してサポの一部がクレーム。
まあ、これは事なきを得たのだけれど。

問題はそのあとで、秋雄さんブログでもとりあげている話。
臨時駐車場に停めていたマイカーに秋雄さんと戻り鶴岡農協バスの脇を通ったときになぜか不穏な空気。
駐車場出口は誰も乗っていない品川ナンバーのゴルフが半ば封鎖している状態。
バス前にいる人たちを鶴岡組と思っていた自分はお疲れさまと声をかけたが。

「おめえら、二度とここくんなゴルァ(怒)」

横浜サポと思われるあんちゃん2人に凄まれる。車のウィンドウに掲げていたモンテミニフラッグで山形サポとわかったらしい。
その時点ではバスが囲まれつつあったなどとは思わず、その2人組に不愉快な思いをさせられたという部分で気持ちが暗くなったが、なんとか封鎖用のクルマの脇をすりぬけて駐車場を出た。
その後かなりの時間を得て、なんとか農協バスは出られたようだけれど、不安でたまらなかったろうね。
あの時点で気づいていれば通報するとかしたのに、何の助けもできずゴメン。

設立当初のソシオ制での立ち上げとか、横浜FCにはずっと注目していたし、いろいろがんばってほしいと思ってた。
けど、今回の件でものすごく萎えた。サポーターのプライドがこういう半端なかたちで示されるなんてなあ。


| | Comments (36) | TrackBack (2)

アサイーは朝イイって

きょうも朝からヤな暑さ。出勤時は自作のフォルツァ山形ボサノババージョン聴きながらクールダウンしてます。
納涼ネタとしてきのう近くのタリーズで買ったナチュラルアサイーソイというスムージーを紹介。マリノスも採用したらしい!って、おーしものんでる訳だ。
山形は七日町のタリーズにあったらためしてみてくだされ。サパーリしてうまかったョ!050804_1253001.jpg

| | Comments (38) | TrackBack (2)

もろもろ

UC君のブログおよびrealO君ドットコムから飛んできた皆さん、どもです。原竜太の歌、再度エントリしておきます。

原竜太オフィシャルサポソン(MP3ファイルをダウンロードできます)

左の音ネタリンクからも同じもの聴けますんでよろしく。発売中のRush最新号にて「そ@」さんが書いている応援コール(レボリューション)についての記事もぜひチェックしてください。

先日、最新バージョンのアウェイユニを注文。1万円出費イタタ。あした辻スポさんに確認の電話しなきゃだ。
出張からもどったばかりだし暑くてバテているので、甲府戦のVTRは未見。
京都では気迫あるプレーを目の前で見られたのでいくぶん安心していたのだけれど。
健二がコメントしているように、ゴールに向かう動き方をもっと工夫して、練習を繰り返すのが得策か。連勝すると自信つくんだけどな。

カズとの対戦となる、次節横浜戦のチケットを購入。A自由で2千円は高いんではなかろうか。
土曜日に向けて体調をととのえないと。選手もサポも集中力と闘争心。惜しみなく声援を送るべし。

眠い。きょうはこれにて。

| | Comments (308) | TrackBack (0)

旅から旅へと

京都戦@西京極現地 ゴール裏激しい揺れ体感

丹波の奥地、保津峡くだり リアルなスプラッシュ体感

清水寺までチャリで強行 盆地のクソ暑さ体感

京都から東京まで 「ひかり」のスピード体感

あした下北 京都より遠い 北の果てまでの距離を体感

・・・・とか語ってないでもう寝ます Zzz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »